アパレルから営業職へ転職

アパレルから転職

アパレルから営業へ転職

アパレル販売員を辞めてもっと高収入を稼げる仕事に転職したい、もっと休みがちゃんと取れる仕事に転職したい

そうお考えになっている方も多いと思います。

アパレル販売員の退職理由として多いのは、

・給与、年収の低さ
・休暇の取りにくさ(有給も含めて)
・労働時間が長い
・将来性

といったことが挙げられます。

今だと最後の、将来性を考えてアパレルを辞める方も多いのではないでしょうか。

「何歳までアパレルの仕事を続けられるかな・・・?」

未経験職種、異業種転職をするのであれば20代など1歳でも若い方が有利です。

アパレル販売員の転職先として営業職はおすすめの仕事の一つとなります。

この記事ではアパレルから営業職へ転職を目指す際に失敗しないためのポイント、営業職の転職支援に強い転職エージェントについてご紹介しています。

アパレル販売員から営業職へ転職

アパレルから営業職へ転職

アパレル販売員から異業種転職は可能です。

転職のポイントとしては、

  • 転職時の年齢
  • 専門知識、スキルが必要とされない
  • 未経験歓迎の求人への応募

といったことが挙げられます。

アパレル販売員としての経験・スキルで活かすことができるのは、

コミュニケーションスキル

接客スキル

です。

店長経験者であれば、マネジメント能力も評価してもらえるでしょう。

スタッフ・販売員としての経験のみといった方の転職の場合には、現実的に考えて、なかなか評価して貰えるスキルが「接客スキル」以外に無いため、

  • 人手不足の業界
  • 未経験歓迎の求人を中心に応募

をしてかないと転職は難しいといえます。

それを考えると、未経験歓迎の求人が多い営業職はアパレル販売のスキルや経験を活かしやすく、転職しやすい職種です。

アパレルからの転職で営業職はおすすめ

アパレルから異業種転職を目指す場合、営業職はおすすめ職種の一つです。

日々、新規のお客様とコミュニケーションを取り、リピーターとなって貰えるように努力を積み重ねる中で培われた「接客スキル」は営業職でも活かすことができるスキルです。

お客様の漠然としているニーズから具体的なコーディネートとして提案するスキルは、営業職でも十分に活かせるスキルとなります。

顧客のニーズを掴み、商材を提案するスキルは、面接でも高い評価を受けられるでしょう。

アパレル販売員を続けてきた方の中には、人と接することが好きな方も多いと思います。

これも、営業職に向いている人の共通点となります。

営業職を採用しようとする企業にとっても、コミュニケーション力の高いアパレル販売員のの方はメリットのある人材になることが多く、積極的に採用を検討してもらえることも多いようです。

未経験歓迎の求人が多いことも営業へ転職しやすいポイント

アパレルから転職する時のポイント

営業職は様々な業界で需要の高い職種です。

未経験歓迎の求人もとても多く、応募可能な年齢も高めな求人も多いですね。

20代はもちろん歓迎されますし、30代でも未経験歓迎の営業職の求人が多く見られます。

30代になると異業種転職は基本的には難しいです。

アパレルから営業職に転職することで大きいのが、

年収アップ

ではないでしょうか。

給料の安さ、将来への不安がアパレルを辞める大きな理由、という方は多いと思います。

営業職は実績を上げれば給与に反映してくれる企業も多く、20代でも年収500万円、年収600万円など高収入を狙えます。
(高収入を得られる企業かどうかはしっかり転職時に調べる必要はあります)

営業職であれば、転職して初年度から年収350万円~400万円スタート、という企業も多いですから、その時点で既にアパレル販売員時代の給料を超える、という方も多いでしょう。

ほとんどの方が、アパレルから営業職に転職して年収アップするはずです。

20代でアパレルから転職する場合

20代はキャリアチェンジのための転職がしやすい年代です。

第二新卒として転職活動ができる方は、様々な業界・職種に挑戦できます。

ほぼ新卒として採用して貰える場合もあるでしょう。

20代後半になってくると、異業種転職も少しずつ難しくなってきますので、転職を目指すのでしたら早い転職活動のスタートがおすすめです。

28歳、29歳となると応募先の企業によっては書類選考で落ちることも多く鳴ってきます。

20代はポテンシャル採用が狙えることも多いため、未経験職種への転職もしやすいといえます。

30代、40代でアパレルから転職する場合

30代、40代で異業種転職を狙うのは、厳しいです。

会社を退職してから転職活動をする場合、下手をすると転職先が決まらずに路頭に迷う・・・といった可能性もあります。

転職がしやすいと言われる営業職でも、40代の場合には実績のアピールや、志望動機の伝え方を工夫しないと、採用が難しいケースが多くなってくるでしょう。

また30代後半、40代になるとどの転職先でもマネジメント経験(店長経験)を問われるようになってきます。

アパレル販売員の経験しか無い方は、非常に転職先が限られてくるでしょう。

基本的には販売などの経験が活かせる仕事への転職でなければ、難しくなります。

アパレルから営業へ転職するメリット

アパレルから営業職に転職することで得られるメリット・デメリットをみていきましょう。

営業職はアパレル販売員の接客スキルを活かしやすい仕事です。

その分、中途採用もしてもらいやすいといえます。

先に営業職に転職するメリットからまとめていきましょう。

アパレルから営業に転職して給料・年収が上がる

営業は稼げる職種です。

扱う商材によっても変わりますが、特に営業職が高年収で稼げると言われるのが、

「不動産営業」

「金融営業」

です。

特に不動産営業の平均年収は1000万円近いです。

「固定給+インセンティブ」

となることが多いです。

しかし難易度は高いと言われていますので、営業未経験の方の場合には取り組みやすい商材を扱う営業職への転職の方が良いかもしれません。

・人材業界の法人営業
・IT業界の法人営業

個人をターゲットとした営業よりも法人営業の方が単価も高く、継続した取引になりやすいです。

また担当者も企業を代表しての対応となるため、営業を行っても酷い対応をされることも少ないでしょう。

営業職は企業の売上げを支える重要な職種、ということもあり初年度から年収は高めです。

営業職の平均年収

営業職の平均年収は520万円~530万円といわれています。

(業界によって年収に差はありますが、先ほどの不動産営業は高年収を稼げる可能性があります)

転職して初年度から年収350万円~400万円を得られる求人も多いです。

アパレル販売員として手取り12万円といった方も多いと思いますので、給料が増えた、と実感しやすいのではないでしょうか。

営業職はインセンティブあり、という企業も多いです。

実績を上げることで給料が上がる、ということからやり甲斐を持って仕事に取り組める方も多いと思います。

転職2年目で評価を上げて年収500万円、といった方も多いです。

休日が増える

アパレルは休日が不規則です。

基本的に、お客様が増える土日は仕事ですよね。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始もずっと仕事、という働き方になることも珍しくないでしょう。

営業職も業界によっては週末が忙しい場合もあります。

自動車ディーラー、住宅営業・リフォームなどの場合には、休日は火曜・水曜固定などの場合が多いです。

しかし、多くの場合には土日祝日は休みです。

年間休日数も120日など、アパレルと比較して多いのではないでしょうか。

アパレルから営業職に転職するデメリット

アパレルから営業職に転職することで、どういったデメリットが考えられるでしょうか。

歩合給で給料の上下が大きい可能性

営業職は固定給+インセンティブといった企業が多いです。

固定給は15万円など、低く抑えられていることが多いです。

つまり、稼げなければ月収が低くなります。

実績を上げられなければ、ボーナスも低くなります。

成果が出ない時期が続くと、精神的にも厳しいですが、生活も厳しくなってしまうでしょう。

営業職のノルマが厳しい可能性

転職先の企業によるのですが、営業職のノルマが厳しい場合があります。

非常に大きなストレスになる可能性があります。

ただその分、インセンティブの割合が大きいことも多いですから、メリット・デメリットどちらもある、といった感じになります。

売り込む商材によって営業の難しさも変わりますね。

不動産営業は単価が大きいことも高年収の理由のひとつです。

転職先を選ぶ際、どんな働き方になるのか、担当する商材の営業の難しさなどは情報収集できますから、自分に合っている仕事になるかどうかは冷静に考える必要がありそうです。

転職エージェントを利用することで、転職後の働き方についても事前に詳しく情報収集ができますので、ぜひ活用してみてください。

転職エージェントですが、

20代の方は、マイナビジョブ20's

30代、40代の方は、リクルートエージェントがおすすめです。

アパレルから営業職への転職なら30代も可

営業職は他の職種と比べて未経験歓迎の求人が多いことが特徴です。

社会人経験がある方ならば、年齢が高くても転職できる場合も多いです。

30代であっても志望動機、アピール次第では営業職への転職が可能となります。

アパレルとして頑張ってきたけれど・・・30代になっても給料が増えない。

生活が不安、将来について考えると、転職したほうが良いのかな・・と迷っている方も多いと思います。

家族を養えるだけの給料が欲しい、といった理由でアパレルを辞めて転職をお考えになる方も多いです。

30代の転職におすすめエージェント

転職エージェントもたくさんありますが、年齢や転職先によって利用するエージェントを選ぶ必要があります。

30代、40代の方は、次のような求人数が多い総合型の転職エージェントの活用がおすすめです。

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

⇒ パソナキャリア

20代におすすめ、アパレルから営業へ転職する時のおすすめ転職エージェント

20代でアパレルから異業種転職する、営業職への転職をお考えになっている場合には、次の転職エージェントの活用がおすすめです。

ポテンシャル採用、人物重視の採用を行っている企業の求人が多く、内定率が高いのが特徴です。

内定率80%以上のエージェントが多いですから、転職に成功しやすくなります。

営業職に強いジェイック(JAIC)

ジェイック

昔から営業職の求人に強い転職エージェントがジェイックです。

ジェイックでは就活支援講座という研修があります。

その中で履歴書や職務経歴書の書き方、ビジネスマナーなどもしっかりと身に付けて転職することができます。

未経験からキャリアチェンジを目指す場合、研修などを受けてから転職ができると安心、という方は多いと思います。

その場合には、ジェイックが最適といえそうです。

またジェイックは、書類審査なしで面接が受けることができます。

研修+面接会によって高い内定率を実現しています。

転職後の定着率も高いこともポイントです。

対応エリアも広いです。

地方にお住まいの方もジェイックの就職支援サービスの詳細を一度ご覧になってみてください。

⇒ ジェイックの支援内容はこちら

ハタラクティブ

社会人経験の浅い方、第二新卒など20代の転職におすすめ、ハタラクティブです。

特に短期離職の場合。

ハタラクティブのような未経験から正社員転職を支援することに特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

取り扱っている求人でも営業職の求人も多いです。
また他の職種の求人も取り扱っていますので、給料や働き方などを比較してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブも利用可能なエリアが広いので、ぜひ活用をおすすめします。

⇒ ハタラクティブの支援内容はこちら

ワークポート

未経験職種への転職サポートにも強いことが特徴のワークポートです。

総合型の転職エージェントなので、営業職の求人も多いですし、そのほかの様々な業界・職種の求人も取り扱いがあります。

⇒ ワークポートの支援内容はこちら

-アパレルから転職
-,

© 2021 アパレル新卒、2年目の転職